女性

腸内環境改善に有効な対処

栄養補助剤

主な働きかけの種類

現在では健康効果を持つ工夫や取り組みに対する研究が進み、注目が集まる様になっています。その中で近年、腸内環境を正常化する事が、免疫機能の改善をはじめとした様々な有効性に繋がると言われています。腸内環境正常化に有効だとされる成分や対処には、いくつかの種類が挙げられます。主な種類として挙げられるのが、食物繊維や乳酸菌の摂取です。これらの成分は腸内で不要なモノを排せつしやすくする効果があるとされ、野菜や果物、乳製品などから容易に摂取しやすい利点もあります。また摂取しやすくしたサプリで補う事も可能となっています。その中でも特に研究が進められているとされる乳酸菌は、ヨーグルトをはじめとした発酵食品に主に含まれており、その種類によって様々な効果が期待できるとされています。

摂取による主な利点

乳酸菌の主な種類としては、LB81やL-92、KWに1073R-1などのタイプが、現在市販されているヨーグルトに含まれるタイプとしての代表格とされています。またこれらのタイプごとに凝縮したサプリもあり、効果に応じた選択が可能となっています。主な機能として、まずLB81型の乳酸菌には腸内フローラと呼ばれる、腸内細菌の生態系を若い頃の健康な状態に戻す作用があるとされます。いわゆる善玉・悪玉と呼ばれる腸内細菌のバランスを正常化する働きかけを指しています。またL-92やKWのタイプには、アレルギーやアトピー症状を緩和する効果が実験で確認され、人間へのそうした働きかけが期待されています。そして1073R-1と呼ばれるタイプはナチュラルキラー細胞という、免疫機能の中でも自主的な外敵攻撃能力が高い細胞を活性化する効果があるとされます。これらの乳酸菌をサプリで摂取する場合、胃酸などによる影響での個数減少を抑える事が期待出来ます。またサプリでは乳酸菌の栄養となるオリゴ糖を配合するなどの工夫もなされていると言われています。